2009年03月04日

おいしい甘栗 京都 林万昌堂

 
この時期は天気の変化が早いですね。

今日は星が出ているけれど、
昨日の京都は、雪が舞った後は雨の寒い1日でした。



栗っておいしいですね。
わたしは栗が大好き。

甘栗なら一年中いただけて、栄養もあるので
寒い季節のおやつの定番にしています。


四条通りの甘栗屋さんの「林万昌堂」の前を通りかかりました。
(四条通り新京極西)
「林万昌堂」は、130年前からある老舗。
すごーく甘栗が食べたくなって、お持ち帰りしてきました。
注文してから、温かい栗を計って包んでくれます。

 林万昌堂01



今回は大きめサイズ(完熟大甘栗)の600g 2400円
温かいので、帰ったらすぐに封をあけるようにしています。

 林万昌堂02



全く水っぽくなく、程よい噛みごたえがあり、
口の中でほぐれていきます。
ほんのりとした甘さで、飽きない味です。
全体の味が一定していて、きちんと栗の管理がされている
ように感じます。

お土産にしてもいつも喜ばれます。

 林万昌堂03


[林万昌堂]
 http://www.hayashi-mansyodo.jp/index.html


父がむいてくれて、家族みんなで食べたことなど、
何気なく過ぎた小さい頃の日々をふと思い出します。
特に、自然の味はなつかしく忘れないものですね。


小さなパンフレットに、栗は「古事記」の時代から
食べ続けられているとあります。

栄養素も豊富で、ビタミン ミネラル たんぱく質
炭水化物(糖質) 脂質が含まれているとか。


すべてにおいてバランスですね。
甘栗の見た目からは想像つかないけれど、ビタミンC、
食物繊維や葉酸までも含まれているとのこと。



そして、他の甘栗というと、有機栽培認定の「 楽笑栗 」
保存できるので、時々、購入します。

どのようなものでも、食べすぎはよくないけれど、
実は、おやつとして、栗はすごくバランスがいいと感じています。



今日もお尋ねいただきましてありがとうございます。


ぴかぴか(新しい)
 
posted by U at 23:45| Comment(0) | 自然食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: